ひまぶろ別館 ふぃなぶろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

番外編 シェ・リュイのヴィジタンディーヌ

東京ドームシティのシェ・リュイにて。
ヴィジタンディーヌなのですが
インゴット型なので
ほとんどフィナンシェですな。

しかし
今川焼きと回転焼きと大判焼きのように
お店がその名前をつけているのだから
その名前で。

あ、ヴィジタンディーヌとフリアンは
カテゴリを作れば良いのかな。

見た目から、「本格焼き菓子」の
オーラが出てます。



焦がしバターのこんがりした色。
ラム酒の甘い香り。これは…



焼き直したらやっぱり焦がした orz
しかも写真を撮り忘れ。
食べかけですがお許しくだされ。



ラム酒と砂糖の甘みに
焦がしバターの風味。
ちょっとキャラメルっぽい味。

外側はカリカリしています。
内側は粗くなく細かすぎず。

伝統的なフランス菓子が
どんなものか知りたい時は
フィナンシェより
ヴィジタンディーヌを探したほうが
良いのかな、という仮説。

シェ・リュイ
(日本ガストロノミー研究所)
ヴィジタンディーヌ

バター、卵白、砂糖、アーモンドプードル、小麦粉、ハチミツ、ラム酒
スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。